自分を守るためのスメハラの伝え方

最近よく話題になる「スメルハラスメント(スメハラ)」は会社の業務にも影響を及ぼします。
隣の席の人の臭いがきつくて集中できない、お昼ご飯に臭いのきついものを食べている、というのも立派なスメハラ被害です。
思い切って注意して説得できればそれが一番なんですが、スメハラの伝え方は非常に難しいです。
ストレートに「臭い」と言ってしまうのは相手の気持ちを傷つけるだけでなく、自分の立場も危うくしてしまいます。

スメハラを伝える時のお勧めの方法としては、臭いを出している人とまず仲良くなって、相手を褒めたりして気を許してもらうことです。
最初に、「自分が相手を理解している、親身になっている」というスタンスを示せば、それがクッションになって傷をやわらげてくれます。

ただ一つ気を付けることがあるとしたら、スメハラを相手に伝えるタイミングは必ず二人だけの時にしてください。
自分の欠点を他の人に伝えられてしまうのは誰だって嫌なので、誰もいない時に教えるようにしましょう。
自分が臭いの被害に遭っているのに、その相手を労わらないといけないというのはなんだか面倒で理不尽に感じると思いますが、これはあなたの印象を悪くしないために必要なことです。
copyright(C)サプリメントの見分け方
ルール 運営・編集